スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by 水徹一  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

扉の外 1

扉の外

修学旅行に行くはずだった高校生・千葉紀之が目を覚ましたとき、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。
訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア” を名乗る存在が現れる。
ソフィアに示される絶対の “ルール”。
だが、紀之は瞬間的な嫌悪感から、ソフィアからの庇護と呪縛を拒否してしまう。紀之以外のクラスメイトは全員そのルールを受け入れ、ルールが支配する奇妙な日常がはじまった。
孤立した紀之はやがてひとつの決心をするが……。


中譯名:扉之外 1
世界觀:★★★★☆
劇情設定:★★★☆
角色設定:★★★☆
翻譯流暢度:★★★★
插畫:★★★☆

封面圖設計成切片式结构,付以清淡的透明上色手法,别树一帜。但是缺點也顯而易見,內頁插圖太少了吧……

在縝密的空間架構里描寫出密室世界中的各個密室,然後通過整個世界的特殊設定“只能從內側關上的門”,使得八個密室成爲彼此分離又彼此緊密聯繫的個體。而聯繫的紐帶,就是先後進入三個密室的紀之。

由于篇幅所限,這集里并沒有提到更多的密室。但是其它五個密室肯定是存在的。在中期的密室之間,爆發的那場桃攻擊模式下的謀略戰很有意思,感覺像是在玩戰略游戲,頗有點『涼宮春日』里“射手座之日”的味道。

但是相對于非常惹眼的密室設定,內文里主角的情感路綫總讓人覺得有點蹩脚。先是亞美。這集里只費了很少的筆墨來叙述紀之是怎樣邂逅到她的,然後就是兩人火辣到發毛的感情描寫。到底是怎麽回事,如墜霧裏。然後是愛美。紀之和她的那次偶然事件非常突兀,刻意安排的一般。這兩段感情被叙述得沒有給人什麼感覺,倒還不如把這些硬生生插入的橋段給删去,將故事變得更緊凑比較妥當。

略去這兩點,『扉之外』給人的衝擊力還是挺大的。尤其是其中,人与人的交流態度變化所帶來的密室變革,人事變遷所帶來種種變數,都讓人不得不點頭敬服作者土橋的描寫。紀之“孟母三遷”式的流浪行爲,也從側面點出整一個密室世界所帶給人的巨大疑問:他們到底在哪里?這迷題設得太有趣了,還有結尾的特大懸念,看來下集必入手……
スポンサーサイト
テーマ: 読書 -  ジャンル: 小説・文学
by 水徹一  at 22:00 |  常磐-Lightnovel |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

關于本站

水徹一

Author:水徹一
---關于本站---
輕小說心得存放所(主)
ACG相關心得出沒
自連載小說不定期更新

---關于站長---
水徹一/阿徹
閱讀狂人
ACGL愛好者
輕微書籍收集傾向
書況完整偏執狂
文學至上主義

【本站一切內容謝絕轉載】
【鏈接歡迎~請知會】

--本站LOGO--


---ACG角色圈---
[仙劍4]重光 懷朔
[仙劍5前傳]夏侯瑾軒 皇甫卓 謝滄行
[幻三4]樓徹 勾陳
[幻三1-3]杜晏 溫銘 水湘靈
[APH]伊萬 香君 貝瓦爾德
[軒轅劍]車蕓 姬良 司徒薔

我的書櫃

輕小說閱讀心得索引

自連載小說索引

--分類等級備注--
★★★★★=非常棒!
★★★★=還不錯看
★★★=一般一般
★★=有很大的漏洞
★=根本不能看嘛

●日文數字表(留言驗證碼用)
0: ゼロ / れい
1: いち / イチ
2: に / ニ
3: さん / サン
4: よん / ヨン
5: ご / ゴ
6: ろく / ロク
7: なな / ナナ
8: はち / ハチ
9: きゅう / キュウ

站內檢索
最新記事
內容分類
最新評論
留言簿

全ての記事を表示する

月別分類
最新引用
計數器
友站連接
このブログをリンクに追加する
RSS訂閱
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界貼紙
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。